« 寒くてアンカを出す | トップページ | すね廻りの皮膚がカサカサに »

2011年11月14日 (月)

読書と喪中ハガキ

土曜日は、洗濯、マッサージ、買い物の後、久々に読書。

中原圭介「2013年 大暴落後の日本経済」を読む。

やはり、他人のお金の運用助言をしているだけあって、他の評論家より、毎回ながら、かなり参考になる。

日曜日は、喪中ハガキの裏面の印刷。

今月中には、出さねば、という所。

夜は、北の国から、89、帰郷、を観る。

自分がもし、この番組を子供のころから見ていたら、多分、人生観が変わると思った。

しかし、後篇になるに従い、放送時間が4~5時間になり、長い。

最終まで見終わるのは、年末年始か???

猫は、夜、寝る時、今迄は、1階で、一人で寝ていたのに、この一週間位は、僕の椅子の上で寝るようになった。

やはり、寂しいのだろうか。

« 寒くてアンカを出す | トップページ | すね廻りの皮膚がカサカサに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521191/53241191

この記事へのトラックバック一覧です: 読書と喪中ハガキ:

« 寒くてアンカを出す | トップページ | すね廻りの皮膚がカサカサに »