« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月22日 (月)

花粉症になる

休養2か月目。

どういう訳か、眠たい日々が続く。

本を読みまくりの日々。

19日。定例の診察。

まだ1ヶ月程しか休んでないので、もうしばらく、休むことに。。。

19日、保険の切替。

20日、土、車を引き取りに。~最新の車は、やはり機能がすごい。

21日、日、ソファーが届く。~本当にリビングらしくなった。

買い物へ出かけ、以前から検討していた、羽毛布団を購入。

22日、月、近くのコインランドリーへ布団を洗いに。

このとき、一気に鼻が出るようになった。つまり、花粉症発症。

昨年の余った薬で対処。

欧州では、HSCB銀行の34期が赤字発表。

日本国内では、日経平均は若干のプラスだが、金融セクターが全部下げている。~おかしい。。。

2016年2月14日 (日)

老眼鏡を手配。株を全て売却。

最近は、読書ばかりしているのだが、どうも、本、パソコンが読みづらい。

読書に支障が出ている。

日銀が、マイナス金利を発表して、2/1には、日経平均が約18000円、ドル円が122円まであがるも、その後は下がりっぱなし。

トレンドは、円高、株安が鮮明になりつつある。

5日、金、病院、体調はほんの少しだが、上向き加減。

6日、土、これまた、病院へ、、、~果たしてうまくいのだろうか?

8日、月、あさイチ、病院へ状況を確認後、午後から移動。

  一昨年の感謝をしに。現地はとても寒く、ジーパンの下に股引を履いて正解だった。夜は、久しぶりの王将ラーメン。

 夜、少し環境が変わったせいか、なかなか寝付けない。それとも、昼間、インスタントでない、コーヒーを2杯も飲んだせいか???

9日、朝より、お礼をする。ついでに、新たなお願いも。

10日、木、リフォーム中の棚板が届き、これで、長かった工事もこれをもって終了。

12日、金は、定例の病院へ、結果、もう少し休養することに。

 その後、眼科医へ行き検査。どうも、老眼が進み、今の遠用メガネでは対応できないことが判明。

 処方箋をもらい、メガネ屋へ。これからは、近用メガネを携帯することになるので、なるべくスリムなタイプを即決。~年をとったもんだ。

日経平均は、一時、15000円を割り込む。ドル円は、112円。

13日、日、春一番が吹く。

 日中の最高気温は、20度越え。いつものマッサージへ。久々にマッサージで寝てしまった。ウレシイ。

どうも、中国の春節明けとなる、14日、月曜日以降は、世界経済がヤバイことになりそうだ。

長期保有し、コストゼロとなった株も、値段を下げているので、ちょっと遅かったが、手放そう。これで株式は、10年ぶり位に、ノーポジション。

12日の金曜日、表には出ていないが、どうも、長期国債が暴落したらしい。

代わりに、ベア債権を予約。国債の暴落に賭けることにする。

様々な本を読みまくりの日々。早く暖かくなって欲しい。

2016年2月 1日 (月)

1月メモ2

体調は、ずっと、4割程度が続く。

 1/15、薬を、レクサプロから、サインバルタに変えてからは、激しい眠気が収まった。なんとか、1日中、起きてられる。

1/23、診察、人生、初の薬をもらう。確かに効果はあった。

週末の29日、金曜日、日銀は金融機関の日銀に預ける当座預金(既存準備高、及び所要準備高は除く)に、マイナス金利を発表。

 株価が上昇し、円安に傾いた。

 国債の買が殺到し、利回りは低下

 政府は何としても、インフレを無理やりおこしたいみたいだ。

 もう、前回書いた、基本事項に沿わない状況になっている。

 欧州では、一部、2015あたりから、マイナス金利を導入しているが、果たしてどうなるのだろうか?

欧州のようなマイナス金利は、資金を株などへ移すポートフォリオ型の政策だし。。。

今回の日本のパターンは、量的・質的緩和でマネタリーベースを増やして無理やりインフレを起こす、、、という延長上にあるもの。

現状でさえも、特にドルー円の通貨スワップ~クーポンの利率が、米国債単独の利回りを上回り、日本国債が海外から見たら、おいしい状況になっている。

先が読めない。。。

巷では、これから、不動産価格が上がるとか、、、ローンをしている人の勝ちとか、、、とか。

はたまた、信頼している人は、日本国債がバブル状態だと言って、日本国債ベア型ファンドを購入し始めた、というし。。。

(個人的には、この人を信用したい。。。それなりの準備中ではある。)

31日には、駐車場の申込。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »