« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月 7日 (金)

9月メモ1

8月31日、金
 午前中、定例の診察、
 午後は東京へ移動、ホテル泊。
 夕食は、ビル内の丸亀うどん。
 何だか、東京に来た、という感じが全くしない。
 移動途中、猫の水交換を忘れていたことを思い出し、すごく気になった。
 結果として、1日位、交換しなくても、水は全然、減っていなかった。

1日、土、
 6時に起床して、朝食は、6:30へ食堂へ。
 既に、2割位、席が埋まっていた。
 ~殆どは、中年の男性。
 何だろう、、、昨日は金曜日なので出張で東京に来て、今日は早目に帰ろうかな???という会社員が多いのかな?
 早めに試験会場へ。
 所々、空席があるが、欠席者は、15%程度。
 年齢層は、今まで受験した試験で、最も高い。
 20~30歳台の人が少ない。
 殆どの人が、髪の毛が白髪交じり、中には、殆どない方もいらした。
 1限目の理論は、緊張の余り、計算は出来ていても、微妙に異なる回答群からの、選択を間違えていたのもあった。
 流石に、途中退出する人は居なかったように思う。
 2、3限目の電力、機械は、3割位の人が、早目に解答を終え、途中退出していった。
 が、私は、余った時間も、見直しの為、途中退出はしなかった。
 この見直しも、少し回答修正が入り、自分では、そこまでの余裕、実力はなかった。
 機械の最後の選択問題は、最初は、光のルミネセンスの問題を選んだが、あまりにも難解、というか、これを解説しているテキストはあるのだろうか?という位、情報がない。
 なので、急遽、コンピューター関連の問題に取り組んだ。
 当初より、コンピュータ関連の問題を解くつもりは全くなかったが、過去にエネ管で勉強した知識が役立った。
 結局、この問8は、5問中、4問が正解だったので、危ない所だった。
 正直、ルミネセンスは、主任技術者に必要な知識なのだろうか?と思ってしまった。
 法規では、いつも見慣れていた、202±20Vの、20が、いざ回答しようとすると、あれ、10、20、30のどれだっけ???、と深く悩んでしまった。
 休憩時間、廻りの人を見渡すと、
  斜め前の人は、若月先生の1次試験/合格テキストや、これだけシリーズを、科目により使い分けていた。
 一番最後の科目で、今迄空いていた隣の席に人が来た。
 その方は、徹底シリーズ/法規、、、を取出しパラパラめくっていた。
 ~この本、私も持っているのだが、法規だけで、かなり分厚い為、結局、使わなかったのだが、隣の方は、新井先生ということで選んだのだろうか?
 ちなみに、ノートに、コピーした切り貼りまでしてあって、超びっくり。
 、、、ここまでしないと、このテストはダメなのか???と思ってしまう。

 みんな、机の上に、電卓を出しているのだが、8割方は、ナイスサイズの、デカい12桁の電卓を出していた。
 やっぱり、小ぶりのタイプの10桁はだめなのね、、、という感じ。
 受験した部屋は、1日中、窓のカーテンを閉めており、屋外に出ることもなかったので、昼夜、時間の感覚がマヒしてしまう。
 建物から出た帰り道、繁華街のど真ん中にあるためか、このような環境では、学生として、勉強が身につかないのでは、、、といつもの如く思った。
 帰路の高速バスの中では、精神的に疲れたためか、昨日、電車に乗って東京に来たことが、はるか昔の出来事のように感じた。

2日、日
 いつものマッサージへ。
 今年初めてのぶどうと、梨を買う。
 すいかの季節は完全に終わったみたい。
 今年は8個すいかを買った。
 定例作業の、猫の砂を交換、庭に除草剤を撒く。
 超、久々に同級生と電話。

3日、月
 HPでセンター発表の解答と、答え合わせを行う。
 どうも、、、信じられないことに、落ちたと思った科目が合格ラインぎりぎりで、受かっているみたい。。。。。。
 ウレシイ、、、というか、もう、正直2次試験の気力は残ってない。
 今日、思ったのは、2種1次試験は、2次試験の分も勉強して臨まないと、決して受からない、、、感じた。
 電力のタービンの励磁機の問題や、機械の誘導電動機の問題など、、、1次用のテキストでは、全くカバー出来ていない。
 それどころか、タービンの「副励磁機」や、電力の回線選択リレー、機械のルミネセンス、などは、勉強のしようがないのかも、、、と思える位。

 今日、気づいたのだが、エンジニアリングって、大きな構造物特を除けば、電気設備、機械設備のエンジニアリングが多く、土建の分野では馴染みがないのだろうか?
 ただ、電気、機械でも、ビルなどの建物系と、プラント等の工場系は、話しの事情が全く異なる。
 そもそも、電気品メーカー、機械品メーカーは存在するけども、土木メーカー、建築メーカー~というのはなく、土建分野は、多くは、部材供給メーカーか、施工業者になってしまう。
 土木の分野は、設計→工事
 電気、機械の分野は、概略、
   設計→メーカー製作品+施工図→工事、、、という感じ。
 建築士は、今でこそ、女性も若干居るが、今なお、電気、機械の女性の電気主任技術者は、殆ど居ない様な気がする。
 電気と機械は、それぞれ電気品、機械品を、重電、重工メーカーから購入して、別途、施工業者の手で現地工事をする。
 これが、電気と機械の設備で複雑にしている要因なのかと思ったりした。
 来年用の手帳が届く。
 夜はいつものラジオを聴いた。
4日、火
5日、水、
 昨日の台風はすごかったようだ。
 関西空港は被水し、途中の連絡橋にタンカーがぶつかり、橋がズレル。
 関西電力管内では、昨日より、約200万戸が停電。
 他電力会社へ、高圧発電機車40台を要請。
 ~結構な被害だと思う。
 所属クラブから、梨1箱が届く。
6日、木
 北海道で地震発生、北海道電力が全停電。(約300万世帯)
 信じられない。戦後の混乱期を除けば、初めてではないか?という程。
 世の中、絶対、、、ということはあり得ない、、、と再認識。
 2011年の頃の東日本大震災を思い出し、精神が少し不安定になる。
 テレビを見ていたら、少し涙が出てきた程だ。
 まあ、寝る前は、いつも通り、何とか1時間の勉強はした。
 ニュースでは、スマホの充電の為に、行列が出来た、、、とも報じていたが、その方達は、旅行者?あるいは自宅を離れ、自宅の車から、充電できないのかな?と一瞬思ったりした。
7日、金
 車の調子がイマイチなので、ディーラーに見てもらった所、エアコンの電源の開閉の音がガチガチ鳴っていると説明してくれた。

~まあ、特に問題ないとのこと。

 それよりも特に注意が要るのは、オルタネータの音がガーガー鳴ったら、注意したほうがいいと。

帰宅したら、12月のコンサートの案内状が。。。

~今年も年末の予定を立てる時期が来たみたい。

※受験番号の最後の小文字=英字は、A、B、C、K、L、M、N

 ○×防止の為か?

2018年9月 4日 (火)

8月メモ2

20日、月
 いつものラジオを聴く。
21日、火
 眠くて夜は勉強できず。
24日、金
 早退してリハビリへ
 夜は疲れて勉強できず。
25日、土、
 すいかを買う。値段の割にかなり小ぶりになってきた。
 店頭には、巨峰や梨が大半を占めている。すいかを買えるのもこれが最後かも。
 H29、理論の過去問、これだけ論説編を読む
26日、日、
 残暑という感じはなく、連日、猛暑。
 7月から、夜中もエアコンをつけっぱなしで、OFFにしたことがない。
 こんな夏は初めてだ。
 H28、理論の過去問、これだけ論説編
 ~気力が湧かず、思った程、勉強が進まなかった。
 もう、ここまで来ると、2次試験は絶対に受かりそうもないことから、1次試験の最後の追い込み、、、というか気力が湧かない。
27日、月、
 いつものネットラジオを聴く。
 最近は、すごく楽しみにしており、この番組を聞くために、会社の退社時間を調整したり、夕食を早めにとるなど、今では唯一の楽しみ。
 2種の試験は、少し調べてみたら、なんと、
   3回以上、再試験を受けている人が3割近く
   初めて受験する人は、2割程度、、、
 と、少しびっくり。
28日、火、
 なかなか、勉強ができない。
 というか、今更、、、な感じ。
29日、水
 早退して、定例のクリニックへ。
 医師へ、先月と今月、ある症状が出たことを伝えると、それは早めに耳鼻科に見てもらったほうがいいと言われた。

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »