不動産投資

2012年6月22日 (金)

不動産投資は過熱気味

昨日は早めに退社して、夕方、床屋さんへ。

そしたら、馴染みの店員さんが、

「、、、雑誌を読むと、今では、マンション1世帯ではなく、マンション1棟毎を買って、不動産投資をしてるんですね、、、しかも、OLとかが、、、」

と話しかけてきた。

とうとう、床屋でまで、この話が出るということは、不動産投資はピークである。

これからは、苦しい時代を迎えるかもしれない。

2007年頃?、も、株の話題が出たが、それから、ライブドアショックが起きたりと、株価が下がっていった。

確か、外国の名言にも、街中の誰それが株の話をし始めたら、売り時だと、、、そんな話があったと思う。

2010年3月18日 (木)

不動産投資/損切り

昼間、携帯が鳴る。

出てみると、地元の不動産屋。

昨年の秋頃、ぴろきちが、隣の市で、新築アパートを検討していた土地が、安い価格で再度売りに出したいのでどうか?とのこと。

もともとこの土地、上物つきで、競売で、プロに落札された物件なのだが、上物解体費用込みで、損切り価格でどうか?と問合せが来た。

この物件、県内で、スーパーを展開したり、不動産をいくつも所有しているグループ企業が落札し、損切り価格でどうか?というのだから、これからの市況、やはり厳しいものを感じる。

私自身、最近は、不動産投資も熱が冷めたというか、

 正直、リスクを負うことがいやになったこと、

 (そりゃあ、利回り20%位あれば考えるけど。)

 あと、もう少し我慢して仕事を続けて、保守的な資産運用をしたほうが、よっぽどか健全で儲かることから、

近頃は、不動産投資もヤル気が沸かない。

ここ、2、3年はかなり、不動産関連の勉強をしたが、出口を考えると、とても儲かりそうにない物件ばかりだった。

多分、不動産投資は、しばらくは見送り、、、という気がする。

ただ、この間に、立地の素晴らしい自宅を購入出来たこと、リフォームの仕方など、この方面で、勉強したことが多いに役立った。

人生たるもの、一生に1回位しかない大きな買い物は、それ相応の勉強期間、勉強代を支払うべきだ思った。

本を数冊程度だけ読んで自宅を買いました。というのは幾ら何でも有り得ないのでは?と思う。

住宅メーカーの営業と話をしたり、新築物件を見て廻る、というのはイイ面しか見えず、そこに隠された本質は全く見えてないと思う。

ふと思ったんだが、自宅マイホームを購入する為のセミナーやDVDがあってもいいんじゃないかと、一瞬考えた。

1千万円以上もし、人生を左右かしねない買い物に対して、勉強代が数万円、、、というのは幾ら何でも心もとない気がした。

2010年2月 1日 (月)

何故、不動産投資の情報商材は批判されないのか?

まあ、別に不動産投資に限った訳でもないが、、、

不動産投資に関連する情報商材は、中には数万円もするDVD、教材もある。

自分も沢山買ってしまったものの、中には、それに見合う価値がなく、つまらない思いをしたこともあった。

しかし、有名ブロガーでは、それをブログやメルマガで宣伝して、アフィリエイトで稼ぐ、ってパターンが多いような気がする。

要はみんな儲けたいのね。

また、その宣伝の仕方も、

  期間限定だとか、

  今なら、特別に私だけの特典つけますとか、、、

言い方が悪いかもしれないが、やり方がずる賢いと感じる。

誰か、この悪循環に警笛を鳴らす人は現れないのだろうか?

2010年1月23日 (土)

不動産投資について懐疑

最近思うのだが、、、

hpやネットで有名な不動産投家の、

  所有する物件利回りは、

  セミナー情報や、

  たまにブログやメルマガ経由の情報では、

20%位もあるようだ。

これなら、リタイヤ出来て、悠々自適な生活をおくれそうな感じがする。

一方、利回り的に、15%以下になると、、、

RCや鉄骨造などの1棟物を想定した場合、

 億円単位の借金をして、20年後も大丈夫か?

 それで、マイホームの購入出来るのかとか、

 子供の学費もキャッシュフローで生活出来るのか?

 物件の寿命が来たらどうするのか?

とか、考えると、

  これらのサイクルが終わって、

  本当に、リタイヤして、家も買って、

  返済も終わりました、、、

という話を聞かないのだが。。。

本当に、不動産投資って、終わってみないと判らない気がするのだが。。。

~まあ、余程、いい利回りの物件を持っていれば別かもしれないが、  

   利回り15%位では、危険だと、思えるようになった、

今日この頃、それでも、不動産投資を煽る雰囲気には飽き飽きしてきた。

2010年1月20日 (水)

今日は競売公開の日

水曜日なので、競売物件公開日。

BITのサイトで、近隣の物件を見ていたら、近隣の築20年のアパート群が、2000万円台で、売りに出ていた。

しかし、この物件、よくよく見ると、昨年秋、地元の不動産屋から、5000万円位で、紹介FAXが来ていた物件だった。

よく考えると、時期からして、昨年は、既に、競売手続きが進行中のはず。

そのような物件を、倍の価格で、ふっかけてくる、という不動産屋にはあきれた。

不動産は、人の一生を左右しかねない、大切な財産なのに、この業界は、一体どうなっているんだろうか。。。

2009年12月21日 (月)

不動産投資の出口

最近、常々考えるのは、他のブログを見てて思うのだが。。。

1棟物の収益物件を買っても、

  最低5~10年位は賃貸経営

してみないと、儲かっているのか損をしているのか判らないではないか?と考える。

びっくりするのは、中には、こうやって銀行融資を受けて、1棟物を買いました。

  そしてそれを有料レポートやらで売ります、

と宣伝するのには恐れ入る。

2、3年で短期売買を繰り返す訳でもあるまいし、1棟や2棟を買った位で、2、3年しかたっていなければ、まだまだこれから、と考える。

中には、築20年前後の出がらしの物件を、利回り12~13%前後位で、フルローンに近い状態で購入していたりすると、ぞっとする。

修繕費に幾らかかる、と思っているんだろうか?、

積算評価が出ていたとしても、すぐに転売しても利益が出る位の物件でなければ、とても不動産投資なんて、儲からない、と考えるのは早計だろうか?

唯一、今田式不動産投資の本についても、不動産投資の出口については、やはり、そうか、という結論が記載してある。

これを思うと、早々、買うに値する物件など、なかなか出てこないのだが。。。

2009年11月23日 (月)

収益物件情報、買付け

先日から問い合わせていた、某田舎の1棟売りマンション。

あまりにも田舎なので、こちらはパス。

で、これまた、地方の県庁所在地物件。

かなりいいのだが、ダメモト価格で入札。

どうなることやら。

2009年11月16日 (月)

収益物件の売り物件が増えてきた

この秋に入ってから、ポツポツ増えてきたようだ。

中には、RCマンションの1棟売りで、利回り15%なんてのも情報が廻ってきた。

メディアではそれ程報道していないが、やはり、世の中は不況が厳しくなってきたようだ。

ぴろきちのお付き合いある、重電メーカーの営業さんも、来年度は殆ど仕事がない、と嘆いていた。

まあ、今年前半程の落ち込みは若干持ち直したとしても、オーバーシュートが少し落ち着いたと考える程度で、今後は厳しい状況みたいだ。

来年こそは不動産の買い場がやってくるのだろうか???

2009年9月28日 (月)

アパートの空室率、家賃相場

が一発でわかるようになった。

ホームズの、見える!賃貸経営

これを見ると、空室率は、まあ、全国平均は、ざっくり2~3割か?と思われる。

ところが、なんと、ぴろきちの住んでいるエリアは、近隣の市も含めて約50%と、極端に高い地域であることが判明。

これでは、新築アパート投資も再考か???

2009年9月27日 (日)

不動産屋さんへ連絡、競売物件見学

前回の新築アパートが中止になって、また最初からアパート用の土地探しが始まった。

この土日から、不動産屋さんへtel開始。

イロイロ電話で話していると、中には、今年の初めにぴろきちが入札した築20年の中古アパートを再生して売りに出している業者さんがいた。

この業者さん、約8000万円で落札して、聞けば12000万円で売ろうとしているらしい。

既に、半分の6000万円はもう売れたらしいのだが。

で、この業者さんから、今、コレコレの約1200坪の土地が競売に出ているのだが、、、という話が。

今、敷地にどれだけ、建物が建てられるか検討してるんですよ、、、。

ということで、早速、現地を調査したが、地目が山林。

おまけに敷地の1/3が傾斜地で、土地開発から行うイメージ。

素人が手を出す物件ではないなぁ~ということで、撤収。

一体、誰が落札するのか様子見。